文化人ブログ

文化人になりた~い!

ゾーン入った

12月なのでマフラーを衣装ケースから取り出して使い始めた.朝から底冷えするのでマフラーが欠かせない.

 

講義を1コマ受けつつ今日締め切りのB1のレポート課題,明日の輪講の資料作成をすべて一日で済ませた.

めっちゃ集中できた.いわゆるゾーン入った状態になった.

 

晩御飯はモスバーガーにした(テイクアウト).オニポテは控えめに言ってうますぎると思う.

 

明日は輪講とB2の講義,今週金曜のディスカッションにむけて発表資料作成をやる.たぶんやる.

弟とビデオ通話した

ヘッドセットがいるかどうか話しあった結果、ノートPC備え付けのマイクで十分そうだという結論になった

ハッカソンの話と古書市の話をまだしてなかったのでワイン片手に話した

ACL視聴記録

ACL (the Association for Computational Linguistics)とは

言語処理分野のトップカンファレンス

 

 

今日見たACL2020 annual meetingの発表動画について備忘録と習慣化のため記録します.

 

今回見た動画


Analyzing the Persuasive Effect of Style in News Editorial Argumentation

slideslive.com

自分のガバガバ英語力で頑張って内容を追ってみます.

多分に勘違いしてると思いますが今は目をつむってください.御免.

 

新聞の書き方(style)についてどういうスタイルだと読者に興味を持ってもらえるかを

書き方(style)と政治的信条(belief)の関係から分析.

分類器による分類を試みた.

どういうわけか研究室での会議でハッカソンに参加した内容を発表することになりました,原稿+スライドで.

いやー大変なことになってしまった.まあ全然やりますけども.

むしろ熱が冷めないうちにしっかり言語化しておけば,のちのち役立つかもしれない.

時間はまあまああるし,明日からどんどん進めていこう.

ハッカソンに挑戦しました

11月8日から一週間、hackaichiという大学対抗ハッカソンに参加しました。

5人1チームで一週間、アイデア出しから実装、成果発表まで。

賞はいただけませんでしたが、すごく勉強になることも多い、濃密な一週間でした。楽しかった。

 

一方で自分のできることの狭さを直視することにもなりました。(機械学習の実装経験がなかったり、後半の三日間ほとんど貢献できなかったり)

その点は本当に迷惑をかけてしまった。

 

ただハッカソンを経て、すごく上向きになった気はする。色んなことに挑戦したい、力をメキメキつけたいという気持ち。

 

今まで、「無理をしない方がいい」とか「自分のできうる範囲で」とか、それは自分の心が壊れないためには大切なことで間違っているわけではないけど、どこか言葉にガチガチに縛られて囚われていた感じはする。

ひとつ無理を通して、いいものを作るために自分の全てをぶつけるということを、

いつかはやる必要があったし、それを同じ授業を受けて話をしていた友人と、自分たちの専門分野でもって挑戦することができた(できたかな?)のはひとつ幸せなことだと思いました。

誘ってくれた友人、互いにサポートしてくれたチームメイトに心から感謝したいと思います。